• TOP > 
  • 大人の矯正

大人だからこそできる矯正治療

歯列矯正は子供時代にするものだというイメージを強くお持ちの方がいらっしゃいますが、大人になってからも矯正治療は可能です。確かに子供のころに治療を行えれば、身体の成長に合わせて治療が進められるため効率的です。しかし大人の矯正治療には、大人だからこそ可能なメリットがあります。

【大人の矯正治療のメリット】
  • 顎の成長が完成しているため、治療計画が立てやすい
  • 治療計画の通りに治療を進めやすい
  • 装置の装着時間を守れるため治療期間通りに完了しやすい
  • 自主的に治療に取り組めるので、より高い治療効果が期待できる

川崎市麻生区、小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩2分の歯医者「矯正歯科新百合山手クリニック」では、さまざまなタイプの歯並びに最適な矯正治療をご提案できるよう、従来の装置を使った矯正治療はじめ、特殊な矯正装置・矯正治療にも対応しています。歯並びを改善したい、子供のころ矯正治療を受けたかったという方は、ぜひ当院へご相談ください。初診相談は無料で承っております。

矯正専門医のご紹介

新百合山手クリニックの大人の矯正治療は、矯正専門医(日本矯正歯科学会 認定医)が担当いたします。当院は、一人ひとりの患者様に対し、一人のドクターが責任を持って向き合う「担当医制」を採用しています。詳しくは「当院の大事にしているコンセプト」をご覧ください。

矯正歯科新百合山手クリニックの大人の矯正治療

※こちらでご案内している治療費目安はすべて税抜価格です。

従来型オールマイティ
メタルブラケット
白いパーツで目立たない
セラミックブラケット
シャッター機能付き
セルフライゲーションブラケット
従来型オールマイティメタルブラケット 白いパーツで目立たないセラミックブラケット シャッター機能付きセルフライゲーションブラケット
歯の裏側に取り付ける
リンガルブラケット
インプラントで固定
アンカースクリュー
ワイヤーも白で目立たない
ホワイトワイヤー
歯の裏側に取り付けるリンガルブラケット インプラントで固定アンカースクリュー ワイヤーも白で目立たないホワイトワイヤー
メタルブラケット

メタルブラケット

ブラケットと呼ばれる金属製のパーツを歯の表面に取り付け、金属ワイヤーで歯を少しずつ移動させていく矯正装置です。このマルチブラケット方式は治療効果が高く、普及している方法で、多くの方から選ばれています。

メリット
  • あらゆる症例に適用できます。
  • 治療費が抑えられ、治療期間も短く済みます。
デメリット
  • 金属装置が口元で目立ちます。
  • 金属アレルギーのリスクがあります。
当院の治療費目安 648,000円
セラミックブラケット

セラミックブラケット

歯の表面に取り付けるブラケットに、セラミック(陶材)を使用した装置です。マルチブラケット方式のため、治療効果はメタルブラケットと同等です。

メリット
  • あらゆる症例に適用できます。
  • 治療期間が短く済みます。
  • 天然歯に近い色の部品で目立ちにくい質感です。
デメリット
  • 金属装置よりも壊れやすいことがあります。
  • 金属ワイヤーを使うと金属アレルギーリスクがあり、見た目にも目立ちます。
  • 費用はメタルブラケットよりも割高です。
当院の価格目安 756,000円
セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット

歯の表面に取り付ける部品(ブラケット)に、可動性があるシャッター機能が備わった装置です。ブラケットとワイヤーの摩擦を軽減し、軽い力で歯を移動させます。

メリット
  • 歯の移動が比較的速やかに行えます。
デメリット
  • 費用が割高です。
当院の価格目安 86,4000円
リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の表側ではなく、裏側にパーツ(ブラケット)を取り付け、ワイヤーを通して歯を移動する方法です。

メリット
  • 装置が正面からほとんど見えません。
  • よほど近づかない限り他人から気づかれにくいです。
デメリット
  • 費用が割高です。
  • 治療期間も表側矯正よりも長めになります。
  • ドクターの技術力が必要な装置です。
当院の価格目安 950,000円~
アンカースクリュー

アンカースクリュー<

インプラントの技術を活用し、アンカースクリューを顎の骨に埋め込みます。これを不動の固定源とすることで、従来の矯正治療では難しい歯の移動が行えます。

メリット
  • 抜歯が必要なケースでも、非抜歯で治療が行える可能性があります。
デメリット
  • アンカースクリューを埋め込む外科手術が必要です。
当院の価格目安 10,000円(1箇所につき)
ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

ブラケット方式の装置に、白いワイヤーを使用することで、銀色の金属ワイヤーよりも目立たなくすることができます。

メリット
  • 白いコーティングワイヤーで、歯と一体化するため目立ちません。
  • セラミックブラケットと併用で、さらに目立たなくなります。
デメリット
  • コーティングが部分的に剥がれることがあり、費用が倍増します。
当院の価格目安 使用時処置料6,000円

大人の矯正治療の症例紹介

  • 【before】
    叢生(そうせい)

    【before】叢生(そうせい)

  • 【after】

    【after】

  • 【before】
    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    【before】上顎前突(じょうがくぜんとつ)

  • 【after】

    【after】

  • 【before】
    下顎前突(かがくぜんとつ)

    【before】下顎前突(かがくぜんとつ)

  • 【after】

    【after】

外科矯正治療

外科矯正治療とは

外科矯正治療とは、矯正治療単独だけでは十分な咬み合わせを確立することが難しい場合に外科的手術と矯正治療を併用する方法です。また咬み合わせだけでなく、顔貌の改善も可能になります。

臨床症状

顎がシャクレている
下顎が小さい出っ歯
前歯でものが咬みきれない
顔面が曲がっている

事例
  • 治療前

    治療前

  • 治療後

    治療後